MENU

ホワイトニングジェルとは?

ホワイトニングジェルは、自宅で簡単に実践できる歯を白くする方法として人気がありますよね。ホワイトニングジェルは、ホワイトニング歯磨き粉という呼ばれ方もしています。もしかしたら、ホワイトニング歯磨き粉という呼び方の方がポピュラーかもしれません。

 

でも、実際には「粉」でなくってペースト状の「ジェル」なので、ホワイトニングジェルとも呼ぶわけです。ホワイトニングジェルというと、このような自宅での歯磨き用とは別に、審美歯科で施術の際に用いるジェルホワイトニングもあります。

 

ホワイトニングジェル その1 - 別名「ホワイトニング歯磨き粉」、自宅で簡単に実践可能
ホワイトニングジェル その2 - 審美歯科でのオフィスホワイトニングやホームホワイトニングで使用される薬剤

 

審美歯科で使用される薬剤としてのホワイトニングジェルには、オパールエッセンスやナイトホワイトエクセル、松風ハイライトシェードアップ、ティオンテイクホームなどといった種類(商品)があります。

 

それぞれに、濃度や価格が違います。ただこれらのホワイトニングジェルは、あくまでも審美歯科で用いられる薬剤としてのホワイトニングジェルのことですので、ここでは詳しい話は割愛しますね。本サイトでは、あくまでも自宅で簡単に実践できるホワイトニング歯磨き粉としてのホワイトニングジェルについて、詳しくお伝えしていきます。

 

ホワイトニングジェル選びでまず知っておきたいこと

自宅で気軽に利用できるホワイントニングジェル。普段あなたが使用している歯磨き粉を、このホワイトニングジェルに切り替えるだけで、歯を白くしていくことが出来ます。歯の黄ばみや、歯に茶色くこびりついてしまったステインが気になっている人にはお勧めの方法です。

 

まず知っておきたいのは、自宅で気軽に利用できるホワイトニングジェルにも、おおきくわけて2つの種類があるということ。それは、研磨剤が入っているか、入っていないか、の違いです。研磨剤が入っているジェルは、歯の表面を研磨することによって、歯を白くする方法です。

 

これは、一般的な歯磨き粉にも入っていますが、ホワイトニングジェルですと、より効果の高い形で研磨剤が含有されていす。研磨剤が入っていないジェルの方は、歯の表面の汚れを浮き上がらせる成分を含み、さらに浮き上がった汚れを分解し、取り除く、という方法をとっています。研磨剤入りと無し、いったいどちらが良いのでしょうか?順を追って詳しく見ていきましょう。

ホワイトニングジェル ドラッグストア品と通販品の違い

ホワイトニングジェルには、研磨剤入りのジェルと、研磨剤無しのジェルとがあることをお伝えしました。そして、一般的に言いますと、ドラッグストア等のお店の市販品として購入できるのが研磨剤入りホワイトニングジェルとなります。そして、通販等のオンラインで購入できるのが、研磨剤無しホワイトニングジェルとなります。

 

市販品ですと例えば、花王 クリアクリーン ホワイトニング、サンスター オーラツー ステインクリア ペースト、ライオン クリニカ エナメルパール ホワイト、サンギ アパガードプレミオなどが有名ですね。

 

オンラインで購入できる研磨剤無しのホワイトニングジェルとなりますと、はははのは、ちゅらトゥースホワイトニング、パールホワイトPROEXプラス、レディホワイト、プレミアムブラントゥースなどがあります。

 

お値段的に比較しますと、ドラッグストアで販売されている研磨剤入りの商品の方が安いです。数百円から千円ちょっとくらいで購入可能です。いっぽうネット等で手に入る研磨剤無しのホワイトニングジェルは、2,3千円位から数千円以上する商品まであります。

 

あくまで安い方がいい、ということであれば近所のドラッグストアで買った方がいいですね。でも、ホワイトニングジェルのことをより詳しく知ると、通販でホワイトニングジェルを選ぶことに、よりメリットがあると気が付きます。

ホワイトニングジェルを通販で買うことのメリット

研磨剤を使って歯を白くする方法は、安いのが魅力ではあるのですが、リスクがあるのです。歯の表面を研磨剤で削るわけですから、歯の表面のエナメル質に傷をつけてしまう恐れがあるのです。エナメル質部分に傷がつきますと、その部分は逆に汚れや色素が沈着しやくすくなってしまいます。かえって逆効果になる恐れがあるんです。

 

いっぽう通販で主に販売している研磨剤を使用していないタイプのホワイトニングジェルは、歯に付着した汚れを浮かして、分解して、除去する成分が含まれています。歯の表面を削ることなく、ホワイトニングができるのです。そういった効果のある特別なホワイトニング用成分を使用しているため、お値段的はドラッグストア品よりも高くなります。しかし、その値段に見合う分だけのメリットがあるのが、通販で売っている研磨剤無しのホワイトニングジェルというわけです。

通販でどんなホワイントニングジェルが販売されているか

先ほど一度名前を出した、はははのは、ちゅらトゥースホワイトニング、パールホワイトPROEXプラス、レディホワイト、プレミアムブラントゥース以外にもいくつかの種類があります。トゥースメディカルホワイトやリリーホワイト、薬用パールホワイトプロシャインといった商品などですね。ネットでホワイントニングジェルを調べると、こういった名前を目にすることになるかと思います。

 

あとは、どんなホワイトニングジェルをあなたが選ぶかですね。あなたが選ぼうとしてる候補の商品に、研磨剤が入っていない、ということが確認できれば、あとは各商品のそれぞれの良さと、値段で決めて良いと思います。

 

たとえば「はははのは」ですと、無添加であることや、女性の皆さんの声を反映して製薬会社と共同開発したという独自の良さがあります。「パールホワイトPROEXプラス」は、IPMP(イソプロピルメチルフェノール)という歯周病予防の成分が配合された医薬部外品です。

 

「ちゅらトゥースホワイトニング」は、IPMPに加え、アラントインという歯周病予防の成分もプラスで配合されている医薬部外品となっています。このように、各商品独自の良さがありますので、そういった点もチェックしてホワイトニングジェル選ぶをされると良いでしょう。

おすすめのホワイトニングジェルは?

もし、「一番のおすすめのホワイトニングジェルはどれですか?」と聞かれたならば、私がお答えするのは「はははのは」になります。

 

研磨剤を使用していないタイプのホワイトニングジェルは、歯の表面の汚れを浮かせて・取り除く、という方法を取っています。これは全て商品において共通しています。そのために使用される成分に多少の違いはありますが、ホワイトニング効果は基本的に同じと思っていいです。

 

そうなると各商品の違いは、ホワイトニング効果自体以外の特徴になります。もちろんこの部分も重要なので、しっかりとチェックしたいですね。調べてみると、さして特徴のない商品もあります。特徴的なところが無いのに、やたら金額だけは高い商品もあったりします。

 

そんな中で、一番目を引くのは「はははのは」です。「はははのは」は商品開発段階から方向性もしっかりしています。女性ユーザーに納得してもらって使用してもらう、というコンセプトがしっかりしているんです。

 

開発段階で私たち女性の声を反映し、製薬会社と共同開発しています。そこで辿り着いたのが、「安心して使える」「経済的にも優しい」という2点。

 

ホワイトニングジェルは、お口の中に入れて使用するものですから、安全でなくてはなりません。添加物が沢山入っているようなジェルは安心して使用できませんよね?はははのはは、無添加ハミガキというこだわりがあります。

 

研磨剤はもちろんですが、漂白剤、着色料、合成界面活性剤、パラベンなどの添加物は一切使用していません。ホワイトニング&口臭予防成分として様々な天然成分が使用されているのですが、植物細分は完全無農薬のオーガニック成分にするとい、うこだわりまで持っています。

 

それと価格です。同等の効果が得られるホワイトニングジェルとしては、間違いなく一番お得な価格設定になっています。ちょっと下の比較表を見てみてください。

 

商品名 1回目 2回目以降 単発購入

 

はははのは 1980円 2980円 3500円

 

ちゅらトゥースホワイトニング 3980円 4980円 5980円

 

パールホワイトPROEXプラス 3240円 6480円 8400円

 

プレミアムブラントゥース 3980円 4980円 9980円

 

レディホワイト 2750円 5500円 8500円

 

 

1回目、2回目以降というのは敵購入の際の価格です。定期購入の1回目の価格がお得になっていることはもちろんですが、2回目以降に値段が大きく跳ね上がったらしょがありませんよね。はははのはは、1回目のみならず2回目以降も他商品と比較して、かなりお得な価格設定になっているのが、お分かりいただけるかと思います。

 

さらに詳しくは、【はははのは】で白い歯ににてご確認頂けます。